音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
歌はじめ♪
合唱の本番がいよいよ近づいてきたので、お正月ですが
今日から練習開始です。毎回毎回、遠くまで付き合って
くれる子供たちには悪いけど、期間限定なので許してね~

とはいえ、今日は息子は午後サッカー、夜は塾の予定だったため
お弁当作って、お留守番してもらいました。これはこれで、鬼の
居ぬ間の何とやら・・・で、解放感が味わえてよかったみたい(^^;

本来、本番直前なので総仕上げの段階ですが、なにしろわたしの
学生時代には60人もいた団員が、今ではナンと10人ちょっと。
OBOGを入れても20人足らずでは、声量や表現力にも限界が
あり、ひとつの合唱を組み立てていくのは大変な作業です。
若い人たちの合唱離れも深刻なのでしょうね~。チームプレイで
こつこつと積み上げていく、というのは、今の時代にはなかなか
受け入れられないものなのかな。

でも、今日は常任のK一先生の練習日。
20年前には、合唱界若手のホープ、といった存在だった先生
ですが、今では日本合唱指揮者協会の副理事長を務め、テレビや
コンクール等でももてはやされる、雲の上の人になってしまい
ました。(とはいえ昔のくせで、練習中に軽口を叩き、先生の
ボケにツッコミを入れ、おばちゃんパワー全開で接してしまって
いるわたしたちですけど(^^;)

K一先生の何がすごいって、音楽のみならず、文学、歴史、美術、
科学技術、若者サブカルチャーに至るまで、引き出しをたくさん
お持ちなこと。どう歌うか、どう表現するか、という局面では、
それらの膨大なデータの中から、一番ぴったりくる言葉や例えを
使い、時におもしろおかしく、時に真に心に迫るエピソードで、
説得力抜群の説明をしてくださるので、凡人の自分たちにも何か
できそうな、不思議な感覚で満たされるようになるのです。
指揮者自身の体験、あらゆる感情との向き合い、といったものが
音楽にダイレクトに反映されていく過程を、今、リアルタイムで
味わっています。とっても贅沢な時間です。

これがあるから、合唱は一度はまったらやめられないです。。。
Posted by ごんはは
comment:0   trackback:0
[音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/113-693516cf
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。