音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
季節の楽しみ
街路樹の紅葉がほんとうにきれいな季節です。
桜の花から新緑へ、そしてうるさいくらいのセミの声、それが終わると
秋の虫たちが鳴き出して、金木犀の香り、十五夜、そしてススキの穂。
つくづく、日本の四季は情緒があって素晴らしいな~と感じます。

娘は2才前に中国へ行ったので、こういう季節の移り変わりを体感する
のは今年が初めてです。広州は「ホット、ホッター、ホッテスト」までは
いかないにしても「夏、真夏、晩夏、いきなり冬!そしてすぐまた夏!!」
みたいな気候だったので、ゆっくりと季節を楽しむという感覚で自然と
接することは、ほとんどなかった気がします。亜熱帯では、常に強烈な
日差しや湿度との戦いだし、いきなりのスコールや台風に翻弄されるし・・・
自然を愛でる、というよりは、いかに自然の猛威と共存するか、という
方向性になりがちでした。(まあ、その分、目の前で稲光を観察したり、
木になっているマンゴーやバナナを見る機会には、恵まれましたが)

今、子供たちは歩いて学校に通ったり、外遊びをしたりの日常の中で
いろいろな発見があるみたいです。先週、木の上で風に吹かれながら
色づいていた葉っぱが、今週は道路を覆う黄色いじゅうたんになっている、
こんな変化は、広州育ちの子にとっては、とっても新鮮で面白いんです。
帰り道に木の枝を拾ってきたり、道端で虫を見つけては座り込んだり、
息子なんて、まるで幼少時代を取り返すかのように、木に登ったり砂遊びに
興じたりしているようで、ズボンのポケットの中から、ザクザクと砂や石が
出てくる小学5年生ってどうなの?とツッコミたくなったりしますが(笑)

日本という国の、こんなにも豊かな季節にまつわる行事や歌、文学などの
土壌は、この穏やかで目にも美しい、季節の移り変わりあればこそだな~
と、日本の秋を堪能できることにシアワセを感じるわたしでありました。
Posted by ごんはは
comment:0   trackback:0
[日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/158-c670f8c9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。