音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
情念と秩序~ヘンデルとテレマンの室内楽
20090731.jpg

東京オペラシティ・近江楽堂で開催された、リコーダー、バロックヴァイオリン
そしてチェンバロ(重奏低音)によるコンサート。

バロックはもともと大好きなんですが、最近とくにわたしの中でリコーダー・
ブームが起きております。。。写真は、山丘重治さんのCD。パソコンタイムの
おともです♪

今日演奏された尚江昭雅さんのリコーダーは、この楽器の可能性を存分に
感じることのできる、素晴らしい演奏でした。リコーダーって・・・こんなにも
「歌える」楽器なんですね。バロックヴァイオリンとチェンバロも本当に素敵で、
なんだかヘンデルの時代にタイムスリップしたような、幸せな時間でした。

今日は子供たちも一緒でした(^^;
会場で会ったピアノの先生が「一番前に座ってチェンバロをよく見なさいね」
と仰るので、狭い会場で、最前列10席ぐらいしかなかったにもかかわらず、
かぶりつきで(^^;なんとか2人とも集中して聴いてくれたのでよかったです。
バロック楽器は新鮮だよね~~。
Posted by ごんはは
comment:0   trackback:0
[音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/208-d82deac2
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。