音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
キャンドル礼拝
20091222.jpg

年に一度のキャンドル礼拝。いつもの日曜礼拝と違い、夜の幻想的な雰囲気の中で
クリスマスをお祝いする会です。娘たちのクワイアも、今日が今年の歌いおさめです。
振り返ると、2009年、合計12回のコンサート&ライブがありました。娘はそのほぼ
すべてに参加、本人が好きで楽しんだとはいえ、よく頑張りました(^^)歌もずいぶん
声が伸びるようになったね。将来は、「猫の保護活動をしながらピアノの弾き語りを
する歌手」
になりたいそうで(爆) その夢に向かって、来年もまた頑張ってクダサイ。

牧師先生のお話から。90歳を過ぎた先生のお母様が、先日交通事故で重傷を負われ、
痛みと苦しみの中で仰った言葉が

「ありがたいありがたい、事故に遭わなければ、忙しい息子と
こんなにゆっくり話すこともなかった。感謝だね。」


だったとのこと。どんな逆境にあっても「感謝」を忘れない。普通に歩ける、話せる、
見える、ごはんが食べられる。それだけでも感謝に値する素晴らしいことなんだと、
今まさに自分に語りかけられているようなそのお話が、深く印象に残りました。

そう言われてみれば、わたしの身の回りにどれだけ感謝の種があるでしょうか・・・・・

いま手の中にあるシアワセを温めながら、来年につなげたいな~と思いました。

礼拝後のお楽しみ、持ち寄りの会食。毎年恒例のタイカレー&トムヤムクンが最高!
でした。おかわりしちゃった(^^;
Posted by ごんはは
comment:2   trackback:0
[コドモ
comment
当たり前のことが当たり前にできない昨今、
人生の先輩がおっしゃることは心に深く響きました。
先生のお母様のお話を聞けたことは偶然じゃなくて
必然だったのかもしれません。
気づくことで1歩踏み出せるのかもしれませんね。
2009/12/24 20:51 | URL | edit posted by あび
>あびさん
わたしたちは信者ではないのですが、牧師先生の
メッセージは時に「自分のために発せられているのでは?」
と思えるほど、心にずしーんとくることがあります。
偶然じゃなくて必然、ほんとうにそうなのかもしれませんね。
昨日は、イブを一緒に過ごす家族がいることに感謝でした。
2009/12/25 11:29 | URL | edit posted by ごんはは
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/319-62944082
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。