音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
ピアノレッスン近況
中学に入り、新しい生活、新しい友達、そして部活へと関心が移っていき、一時は
ピアノをもう辞める、と言っていた息子。確かに、卓球のクラブチームにも入って
週に3日は夜10時を過ぎる帰宅、とてもピアノを弾く時間は取れない状態でした。
長く続けてきてもったいないけど、でもスポーツに打ち込むならそれもアリだよね、
と、先生に御挨拶に行く日を調整していたら、ギリギリになって本人が

「やっぱり!!やっぱりピアノ辞めたくないっ」

と言うではありませんか。結果、先生のご厚意で、年に一度の発表会を目標に、
レッスンに行ける時だけ見ていただく、というスタイルに切り替えることにしました。
それが夏の終わりのこと。相変わらず、卓球三昧の日々で時間はないのですが、
半年も先の発表会に、といただいた曲(邦人現代作品のソナタです)を、自主的に
ちょこちょこ練習するようになり、ほぼ自力で譜読みは終えたようです。レッスンは
月1回か2回がやっとですが、自分で気づいた「実はピアノ好きかも」という思いは、
今までの「親にやらされてる感」とは、ちょっと違うみたいです。もう、親が練習に
手を出し口を出し、という時期ではなくなったんでしょうね。


一方の娘。
今年も、ピアノオーディションが1ヶ月後に迫ってきました。先生のご意向で、
レッスンには毎回親が同行し(息子も同じです)、後ろでメモを取り、自宅練習に
生かす、ということをずっと続けています。確かに、とても素晴らしい先生で、
他の生徒さんの実績もあり、皆さん熱心で、ほとんどの方が親御さん同伴での
レッスンを受けられてますが、娘に限って言えば「自分で」先生の注意を聞く、
という姿勢がなかなか育たないような?家に帰って、お母さんのメモを見れば
わかるし~♪という安易な態度が見え隠れしているので、最近はあえて、自宅
練習にあまり関わらないようにしています。

バッハが好きで、アンナ・マグダレーナ、プレリュードとフーガ、インベンションと
ものすごい集中力で弾いてきた娘でしたが、今回のオーディション課題曲には
残念ながらバッハはなし。現代曲は指は回るけど、無理なくペダルを踏めるまで
身長あと5センチ。ということで、消去法で選んだソナチネを弾きます。本番までに
あまり弾き込んでもよくない、と、ひと通りレッスンを受けて、今は課題曲を少し
寝かせている状況ですが。。。。。

今出ている課題は、テクニックやエチュード含めて全部で7~8曲あり、最初から
最後まで通すだけでも20分ぐらいかかります。苦手な個所を部分練習したり、
新しい曲の譜読みなどしていると、どうしても2時間前後は必要で、これから
高学年に向けて、練習時間の確保が大変になってきそう。たぶん娘は中受は
しないと思うけど、ピアノや歌をどこまで、どういうスタンスで続けるか?という
のは、これから悩むところでしょうね。今のうちに、できるだけいろんな曲に触れ
経験を積んでほしいと思う母でした。
Posted by ごんはは
comment:8   trackback:0
[音楽
comment
うわっ、ごんはは家のお子さまたち、ピアノがお好きなんですねー!すごいじゃないですか☆

自分から「やりたい」と思えるのが大切ですが、これはきっとごんははさんが今まで気持ちを注いで育ててきたことが息子さんの中で開いたって気がします。すばらしいですね。

バイオリンのレッスン(花子が習っていました)だと、よくお母さんが一緒に来てレッスン中ずっと録音しているとうことがあるみたいです。それをまたあとで自宅で聞き直すらしいのですが、ごんははさんは「メモ」なんですね~。私はまったく不!熱心な親だったので何もしませんでしたが、やはり目ざすところが高い親子さんだとレッスンの受け方も違うな~と思っていました。
2010/10/13 00:04 | URL | edit posted by Coco
すごいですね~。
それぞれの取り組み方があるんですよね。

母は何とかして細々でもいいから続けてほしいけど、今はお休み中です…。
何でもいいからたまにはピアノを鳴らしてほしいですわ。
2010/10/13 00:06 | URL | edit posted by TOCO
子供の頃に、なにか打ち込めることがあるのはいいことだね!
やらされている、から、自分の意思でにかわるなんてすばらしい!
理想は、それだよね~。
しかし、親がレッスンについていてメモを取らなくてはならないとは、熱心な先生なんだね。
私もレッスンは、一人でというか妹と一緒に行ってたけど、その間、親はどっかでお茶でもしてたはず。

ハルトは、残念ながら教室変更で6ヶ月でピアノを辞めてしまったからな。
もうやらないだろうな~
2010/10/13 08:13 | URL | edit posted by みちえ
理想的
私の理想としては、スポーツと音楽の両立だったのですが、何せ親が音楽の嗜みがないので、やはり無理だったみたい。
広州ではとりあえず興味を持ってもらえればとピアノを始め、2人とも嫌いではなかったようですが、自主的に練習するとか自分から弾きたいという気持ちは起きなかったようで、あのままフェードアウトです。
一応私の悪あがきで、広州で買った電子ピアノを持って帰ってきましたが、結局まったく使うことなく部屋の片隅に置かれています。
こんなことなら欲しい方にお譲りしてくれば良かった・・・
2010/10/14 00:53 | URL | edit posted by チーズ・プラネット
>Cocoさん
ありがとうございます~(^^)
わたしが音楽大好きなんで(←下手の横好き。)
できれば、大人になって楽しめる人になってほしいな~と
始めた子供たちのピアノでしたが。年齢が上がるにつれ、
いろいろと難しいですね。

子供たちの先生は素晴らしい方なので、付き添いに行く
のはむしろ楽しみで、毎回私も一緒にレッスン受けてる
気分なんですが、何しろじっと座っていると日頃の疲れが~
メモの字が、波打ってて読めない時もあります(爆)

花子ちゃん、バイオリンされてたんですね~!
またピアノとも少し違って、気合入ってるお家はすごい
みたいですね。某才能教育だと、親も同じ教材を弾ける
ようにならないといけないみたいですし(--; ムリダ~!!
2010/10/15 00:02 | URL | edit posted by ごんはは
>TOCOさん
お嬢さん、お休み中なのですねー。
高学年以上になると、勉強や部活、友達との付き合い、
もろもろ、時間が取れなくなってきますよね~。
うちももう本来は、習い続けられないほどの時間のなさ
なんですが、どーしてもやると言うので見守ってます。

細々と・・・でもいいですよね(^^)
2010/10/15 00:05 | URL | edit posted by ごんはは
>みちえちゃん
息子の場合、「打ち込む」って感じでもないんだけどね・・・
でも、辞めようか?となって初めて自分の気持ちに気づいた
みたいなので、しばらく続けてもらおうと思ってます。

わたしも低学年から、1人でレッスン行ってたよ~。
家での譜読みも、当然自分でするもんだと思ってた。
娘はすぐに頼ってくるので、「お母さんが弾けない人は
どうしてると思うのっ!?」と突き放してます(--;
もうそろそろ、わたしも見てあげるのは難しくなりそうよ。

ハルトさま、ピアノ辞めても、しょっちゅういい音楽(合唱)
に触れてるから、耳はできてるんじゃ?何かのきっかけで、
自分から再開する時が来るかも???
2010/10/15 00:09 | URL | edit posted by ごんはは
>チーズ・プラネットさん
タッちゃんアッちゃん、あれだけスポーツ万能なら
もう充分ですよ~。お勉強もばっちりだし♪ しっかり、
女の子にモテるタイプです。

ピアノを始めた頃、息子は体も小さいし気も弱いし、
何をやってもパッとしなかったので、なにか自信に
なるものを・・・って思ったんですよ。でもやっぱり、
自主的にやるわけじゃないので、進歩は遅かった
ですねえ。広州で手作りの発表会を何度かやって、
周りの子から刺激を受けつつ、のんびりモードで
続けておりました。

中国から、電子ピアノ持ち帰られたんですね~@@
それは貴重な一台かも。思い出にもなりますよね。
2010/10/15 00:31 | URL | edit posted by ごんはは
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/514-bee20410
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。