音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
遠出どこまで?
息子、昨日も友達と遠出でした。
最初、「また高尾山に行こう。今度は陣馬山にも足を延ばして」という提案が
Mくんからあったのですが、天気予報は雨。さすがに悪天候の日に山はダメ、
と却下したところ、前日深夜まで「ボーリング行く?」「温水プールは??」
などとメールで話し合っていたようでした。

結局、「会ってからどこ行くか決めるよ~」と言い残し、朝から出かけて行った
息子。お金もそんなにないし、まあ近場でブラブラ遊んでくるんだろうと予想
していたところ、お昼頃に電話があり、


「今どこにいると思う~!?え・の・し・ま!!!」


え・の・し・ま、って、あの↓江の島???

2008042917590000.jpg

うちから電車を乗り継いで、1時間半以上はかかるんですけど・・・・・

そして電話の向こうで「うわぁ~、ズボンびしょぬれ!!」とはしゃぐMくんの声(^^;
えっ、キミたち海に入ってるの?大丈夫なの~~~?

母の心配をよそに、電話はプツリと切れ、そのあとはこちらからかけても
まったくつながらないので、

「溺れないようにね!!」「暗くなる前に帰ってくること!」

などとメールをしてしまいましたが、これって過保護でしょうか。。。。。
しっかりしてきたように見えても、まだ12歳。思わぬ事故や事件に巻き込まれる
心配などしてしまうのですが、本人には「なんだよ、あの過保護メール!!」と
笑い飛ばされてしまった。海にはたくさん人がいたし、入ったと言っても足だけ。
だいたい、オレたち夏に3キロの遠泳に挑戦した(ぐらい泳げる)んだけど?と、
やたら挑戦的。

夫も「このくらいの年の時って、とにかく遠くに行きたいんだよな~」と。

夫は自転車だったそうですが、毎週のように数十キロ先の街まで遠征し、帰りに
みんなで買い食いするのが楽しみだったとか。そしてそれは子供だけの秘密で、
親はたぶん何も知らないはず、と。

多分それは男の子のロマンで、今息子は、学校では絶対に習うことのない貴重な
体験を友達と一緒にしているんだと思います。ただ、そうは言っても、海や山の
事故って自分の力を過信しすぎた中高生ぐらいに多い気がするし、遠出するなら
せめて前日までに行き先を決め、想定される危険の回避方法ぐらいは話し合って
おきたい気もしてしまいます。まあ、本人聞いちゃいないでしょうが。。。。。

皆さんは、子供のお出かけ、何かルールや約束を決めていますか?
中学生に許される範囲って、どのへんまででしょう。
Posted by ごんはは
comment:8   trackback:0
[コドモ
comment
携帯を持っていると子供って安心感があるようですよ。
何かあればいつでも連絡取れると、心の奥底で思っていると思います。
ただ、山奥は電波が届かないことも教えておく必要はありますよね。

うちは持たせていないので、出かけるときは必ずテレフォンカードを持って出かけます。
友達とは、新百合ヶ丘くらいなら小学生の時から行っていました。

今一番冒険したい年齢だし、男の子だから、携帯の電波環境のことを認識させた上で、お友達と遊びに行くことは大目に見てあげることも必要じゃないかしら?と、私は思います。
2010/11/25 00:17 | URL | edit posted by Micfy
冒険!
あ~なんか男の子っ!て感じでいいね~
ホント、今しかできないことを思いっきり満喫している感じで、私も子供に戻って冒険したい気持ちになりました。

とはいっても、親の目線でみたら心配ですよね~
私は超過保護というか心配性で、毎日の学校でさえも「だいじょうぶかな~楽しんでるかな~いじめられてないかな~」と無駄な心配をするくらい…。

きっと子供のほうがどんどん冒険して、どんどん大きくなって、それに一生懸命対応していかなくちゃいけなくなるのが親のほうなんだろうな~

危険なことだけはしっかり言い聞かせて、親はじーーーっと我慢の子…するしかないのかな~と思います。

ちょっと寂しいけど(笑)
2010/11/25 16:28 | URL | edit posted by ライチ
まーなんてエライの!!
ちゃんと「今江の島」って連絡してくるなんてー!
これには驚いてしまいました。感心、感心。

きっと「お母さん、心配してるだろうな」って連絡してきたんですね。優しい息子さんです。うるうるしてしまいそうなくらい感動ものです(…大げさですかね?!^^;)

私もいまだに大学生の次郎が心配で心配で、夜に帰ってこないと(こんなことはしょっちゅうですから;)ほとんど眠れません。今、イヤーな事件がたくさんありますからね。悪いことばかり考えて、ふとんの中でドキドキしちゃうの。で、うとうとしてるとガチャっって玄関が開いてご帰宅…。
毎回毎回「よかったー、無事で帰ってきたー、じゃー寝よ」と次郎に言って寝ます。本人は母が心配しているのは充分わかっているでしょう。
これはもう母親の性で、仕方ないんですよ。ダーリンは「あとは子どもを信じるしかない」って言います。

それとひたすらお祈りしてますよ。無事でありますように、って。結局信じて、祈って、待つしか、他に方法はないし、他に何かしてもいけないと思いますから…。
中学生のうちは必ず行き先は知らせておいて欲しいですね。だいたいでいいから~。
2010/11/25 16:54 | URL | edit posted by Coco
心配だよね~。こちらは土地柄海は身近でもあるけど
悲しいニュースも身近なのだよね・・・。
サッカーチームの卒団生が海の事故にあった事もあり
本当に油断禁物なのよ~!!脅かすわけじゃないけど
一瞬なんだと思う。波に飲まれるときは。

冒険心が無い事も悲しい事だから、難しいよね。
親は子どもがいくつになっても、ず~っと心配
し続けるんだろうね。
それこそ子どもが結婚して親になっても、それはそれで
心配なのかも~。人生修行だね(笑)
2010/11/25 21:25 | URL | edit posted by ひまわり
>Micfyさん
そうだねえ・・・息子、携帯を持ってから急に行動範囲が
広がったようです。友達とも連絡取りやすくなったしね。

わたしも、街中にいる分にはそんなに心配じゃないんです。
でも海や山ってどうなの~!?しかも現地に着いてから
報告って。(--; でも、たぶん男の子同士、軽いノリで
出かけてるんだよね。かーちゃんになんか、いちいち断って
いられるか~!?って感じなのかもね。つい半年前まで、
遊びに行く = 近所の小学校の校庭、だったくせにね~~。

まあ、止めても遊びには絶対行くと思うので、ルールを決めて
守ってもらうしかないのかなあと思います。
2010/11/26 15:42 | URL | edit posted by ごんはは
>ライチさん
うちも帰国直後は、毎日ベランダから学校の行き帰りを
見守ってたよぉ~(^^; 徒歩5分の学校なのに。
いまだに、学校でみんなと仲良くやれてるか、行き帰りに
一緒のお友達はいるのか、いろいろと気になります。

男の子は、多少無茶をしながらいろんなことを覚えて
身につけて行くんですよね。それを親が制限しては
いけないとは思いつつ、人様にご迷惑かけてないか、
危ないことしてないか、心配は尽きなくって。

まあ、行くとこなくってずーっと家にいられるよりはずっと
いいかと思うので、少し手を離して見守ることにしまーす。

kotoちゃんもこれから、ぐんぐん行動範囲が広がる
お年頃だよねー!
2010/11/26 22:20 | URL | edit posted by ごんはは
>Cocoさん
次郎くん、午前様ですか!?
まあ大学生はそうですよね。それにしても、Cocoさんの
対応が素晴らしい!「よかったー、無事で」なんて言われたら
きっと本人も「心配かけちゃったな」って素直に思えるでしょうね。

子供を信じて、祈るしかない、そうなのかもしれません。
夫は三兄弟なんですが、義母はその昔、毎晩寝る時
「今日も家族全員無事でありがとうございます」とお礼を
言っていたと。男の子3人もいたらきっと心配事も山盛り
だったと思います。偉大な母です。
2010/11/26 22:32 | URL | edit posted by ごんはは
>ひまわりちゃん
おお~。海の危険情報ありがとう。
このへんの子は、海も山も慣れてないからね。
遠泳に行ったと言っても、上級生やコーチが
つきっきりだったわけだし。自然を甘く見たら
ダメよね~そのへんはよく言っておきます!

最近わたしも思うわ~
うちの親も、弟たちのことをいまだに心配し続けて
いるんだよね。これも親の宿命なのかなぁ、と。
2010/11/26 22:46 | URL | edit posted by ごんはは
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/551-369797a6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。