音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
猫を守る方法
昨日の「All about」に「もしもの災害時、猫を守る方法」という記事が
あったのでアップします。↓↓↓

もしもの災害時、猫を守る方法


■猫になって部屋をみると……

■もしものときの避難所を用意しておく

■もしもの災害で帰宅できなかったら?

■ご近所に猫友をみつけましょう!

■ケージやキャリーを活用しよう

■猫の精神状態を保つための合図を決めておく

■首輪+迷子札+マイクロチップ


震災後3週間が経った今日に至っても、まだ大きな余震が続いていますが、
まお&翼も地震に慣れてきたのか、以前のように走り回ったり隠れたりする
行動はなくなりました。揺れが始まると、一瞬「あれっ?」という顔でこちらを
見ますが、人間が落ち着いていると安心するようです。

震災当日、2匹でお留守番中の地震だったので、あのひどい揺れの中、家具が
動いたり物が落ちたり、大きな音もしたのでしょう、2匹には本当に怖い思いを
させてしまいました。わたしたちが帰宅した時、2匹の姿が見えなくて大慌て。
鍵がきちんとかかってなかったサッシの窓が、少し開いてしまっていて、まさか
ここから逃げた?ベランダから落ちた?泣きそうになりながら、息子と2人、家中
名前を叫びながら探しました。

結局、クローゼットの奥とベッドの下に籠城していた2匹。無事を確認した時は
ホッとして全身の力が抜ける思いでしたが、今回のこの記事を読むと、普段から
災害に備えて準備をしておくことの大切さを思い知らされます。。。

部屋の中のチェックや猫トイレ、水飲み場の増設はもちろんですが、迷子札や
マイクロチップも必要かもしれませんね。


2011040110330000.jpg

2011040110350000.jpg
Posted by ごんはは
comment:2   trackback:0
[にゃんこ
comment
参考になります~我が家は家具も品物もまるで動かないで
くれたので、家にはだんなとネコがいたんですが、まるで
平気だったとか。場所によってゆれってまるで違うんですね。ホント非常時のネコの世話・・・気になりますね。
我が家はもう車でしか移動もできないし、非難もできないかも・・・。車は平面駐車場なので何とかなるでしょうか?
避難所にはつれていけませんもんね・・・・。心のよりどころですが・・。
2011/04/03 10:50 | URL | edit posted by そら
>そらさん
そらさんのお宅は、地震対策ばっちりですね!
うちも大きな家具は固定してるんですが、食器棚とか
掛け時計とか、小物がダメでしたね~。高層階なので
もう少しちゃんとしないとと思いました。

実際避難所生活になったら、猫同伴は無理ですよね。
環境の変化を何より嫌いますもの。ギリギリまで一緒に
自宅に残るにしても、いざという時に預かってくれる所を
遠方で探しておいた方が。。。とかいろいろ考えてしまい
ました。
2011/04/05 17:53 | URL | edit posted by ごんはは
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/626-269b70e9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。