音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
母たちの同窓会
DSCF6449.jpg

↑今から6年前、息子が小2の時の写真です。

息子は、年長から小4までの少年期、中国広州で過ごしました。
こぢんまりした日本人学校で、のびのびゆったり育ち、頭の中の
95%ぐらいが遊びのことで占めていた、人生最良の時代。

今日は、広州のお母さんたちの同窓会。
今や同級生は日本全国、だけでなく世界各国に散っていますが、
東京周辺の人たちに声をかけ、知ってる人も誘ってね!と言って
おいたら、首都圏だけでなく、栃木や名古屋からも参加があり、
全部で15人もが集まってくれました。さすがこの学年。当時から
子ども同士も母同士も仲がよく、ノリがいいのが自慢で、よく
他学年のお母さんたちから「楽しそうでいいな~」と言われていた
団結力の強い学年でした。慣れない異国の地での子育て、生活、
日本人同士の協力なしに暮らすのは難しい環境です。人間関係の
密度が濃かったので、どの子もみんな、親戚の子かそれ以上に
可愛く、今も成長が気になる存在です。

中学生になった彼らは、それぞれの新天地で頑張っています。
うちの息子と同様、帰国後なかなか新しい環境に馴染めなかったり
いじめや不登校を経験したり、荒れたりした子もいたようです。
でも今は部活頑張ってるよ、とか、受験して希望の学校に入ったよ
とか、将来また中国語やりたいって言い出した、なんて話を聞く
だけで涙もの。本当は子どもたちも交えて集まりたかったけれど
忙しい盛りの彼ら、スケジュールを合わせることが難しく、それも
また成長したってことだよね、と母同士しみじみしつつ、思い出話
にも花が咲きました。

便利さに慣れ過ぎた日本人にとっては、ある種過酷な環境で苦楽を
共にした仲間たち、やはりいつまで経っても特別な存在です。当時
中国では、停電とか水のトラブルとか日常茶飯事だったよね、モノが
ない中、いろいろ工夫して生活したよね、日本食の代用品を探して、
毎日お弁当づくり頑張ったね、なんて、いくら話しても尽きることの
ないおしゃべりでした。久々に食べて飲んでしゃべって、体中の毒が
すべて洗い流されたような清々しい気分。楽しい会でした。

Posted by ごんはは
comment:4   trackback:0
[お出かけ
comment
>年長から小4までの

そんなに長く広州にいたのですか!
息子さんの子ども時代に大きく影響をうけているはずですよね。それにこの年頃で日本に帰ってくるのって、たいへんだっただろうなーって想像ができます。
息子さんもがんばったことでしょう…!

15人も集まるなんて、ものすごく立派な同窓会ですね。
なつかしいでしょう~??
それぞれのお子さまたちが広州の思い出をいい糧にしているみたいで何よりです。

同窓会。いいな~。
私のまわりではまったくありませんねぇ(^^;)
2011/07/17 09:53 | URL | edit posted by Coco
>Cocoさん
広州には、丸5年いました。娘も2~7歳までいたのですが
ちょうど小学校入学と同時に帰国だったので、すんなりと
馴染むことができましたが・・・小5からの転入は、それは
それは苦しかったようです>息子 親は見守るしかなくて
申し訳ない思いでしたけど、二度の転校を経て乗り越えて
くれました。

滞在期間も帰国時期も違うのに、15人も集まるなんて
すごいですよね!!遠くから駆けつけた友人のフットワーク
にも脱帽!でした。夢のように楽しいひとときでした(^0^)
2011/07/17 22:26 | URL | edit posted by ごんはは
ごんははさんが広州に行った頃は本当に何も無かったでしょうね…。
私が行った頃でも、まだ地下鉄3号線が開通していなくて、天河ジャスコまで歩いて行ってたよ。

今じゃ本当に便利になっちゃって、びっくりするくらい!

それでもやっぱり、日本を離れて異国での生活は不便がいっぱいだし、不安もいっぱいだし。
そこで出会った人たちはやっぱり特別だよね。

私もまた別の国で再スタートしたばかりだけど、こんなステキな仲間を早く見つけたいな…。

そして、広州同窓会!私もすっごく楽しみにしてる!!!
あと数年は実現できそうに無いけど、それを励みにがんばるよ~

絶対仲間の子供たちの結婚式で号泣しそうだよ~私・・・。
2011/07/20 06:36 | URL | edit posted by ライチ
>ライチちゃん
そうそう!わたしが行った2003年は、まだ古いほうの
広州空港だったしね。町全体が灰色でくすんでいた感じ。
ジャスコもほとんどローカルスーパーだったし、スタバや
ハーゲンダッツなんかもなかったし。町の変化のスピードが
日本より数倍速い印象だよね。あれを体感できたのは、
幸運だったのかな。

ライチちゃんは明るくて面倒見がいいから、周囲にたくさん
お友達が集まっていたよね。きっとアメリカでもすぐに
「頼れる姐さん」的存在になるんだろうな~(^^; また、
ずっと付き合える素敵なお友達がたくさんできることでしょう。

一時帰国の時には、絶対会おうね!!
今回息子の学年で集まったけど、中学生になるとみんな
いろいろ忙しくて、子どもたちの都合がつかなくなっちゃうのよ~
その前に会えたらいいな(^0^)
2011/07/23 18:24 | URL | edit posted by ごんはは
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/682-b6b1e183
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。