音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
節分の思い出
昨日は節分でしたね~。我が家でも、子供たちと豆まきをして
年の数だけ?豆を食べて1年の健康を祈りました。恵方巻きを
食べるという習慣、あれは関西から来たものなのかな?東京で
育ったわたしには、あまり馴染みがなく、スーパーでもお寿司
売り場は素通りでしたが(^^;

節分、といえば思い出すのが、子供時代の幸せな記憶。

お隣の家に住んでいたおじいちゃんが、近所の子供を集めて
イベントするのが大好きな人で、毎年節分には総勢2、30人
の盛大な豆まき大会にお呼ばれしていました。

撒かれるのは、豆だけではなく、小さな駄菓子や文房具、
小銭の入ったおひねりまで!!少しでもたくさんもらおうと、
大きなお兄さんお姉さんを真似て、畳の上で必死にそれらを
かき集めたものです。当然、おチビちゃんはもらいが少ない
わけで・・・そうすると、帰りぎわにおばあちゃんがこっそり
袋にお菓子を足してくれたりして(^0^)子供にとっては
本当に嬉しくて、毎年心待ちにしていたイベントでした。

翌日からは、もらったお菓子を少しずつ大事に食べるのも
楽しみだったな~。おひねりに入っていた5円玉や10円玉を
大事に貯金箱に入れて、にやけていたな~。

でも、これも今に比べて、すべてにおいて質素な時代だった
からこそかも。今の子たちは恵まれすぎてて、駄菓子や鉛筆
もらっても、わたしが感じたような大きな感動はきっとない
ですよねぇ。そういう意味では、近所の人に見守られながら
育った、小さなことで幸せいっぱいになれていた、自分の
子供時代は恵まれていたんだな~と、つくづく感じます。
Posted by ごんはは
comment:0   trackback:0
[日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://gonghaha.blog46.fc2.com/tb.php/82-0f8b62ee
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。