音楽・切り絵・ねこ・ひびのくらし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ごんはは
 
[スポンサー広告
レストランつばさ
今日は風が強く、雲の動きが速くて不安定なお天気でした。台風が近づいてる?
こんな日は、にゃんずはいつにも増して眠くなるようで、リビングでぐ~ぐ~。

2011091701.jpg

退屈した娘に、イタズラされてるし(--;

たしかに、お肉たっぷりだけどさぁ(^^; お勧めされても。


2011091702.jpg

このお顔!見てるとこっちまで、力が抜けそうです。
Posted by ごんはは
comment:4   trackback:0
[にゃんこ
猫にモテる
猫って、いわゆる「香る」ものが好きですよね(--;
まおも翼も、子どもたちが脱いだ靴下や、夫の革靴の匂いが大好き・・・
息子が、まおに異常にモテるのも、なにやら青春の匂いを発しているから、と
いうのが、家族内での定説となっています(笑)

今日も外出から帰り、部屋着に着替えてのびのび~。脱いだスカートを一瞬だけ
ソファに置いて、手を洗って戻ったら、ものの見事に翼の餌食と化してました(^^;

2011091201.jpg

すみません、言い訳させてもらいますが、こんなふうに丸い形に脱いで置きっぱなしに
したわけでは、決してありませんから!!(外野から「ウソウソ!」という声が・・・・・)

2011091202.jpg

つーちゃん・・・誰も欲しくないと思うよ?

このお方、時々、夫のTシャツなどにも顔をうずめてうっとり(^^;;;しております。
された方は、喜んでいいのか、ショックを受けるべきなのか・・・・・複雑です(爆)
Posted by ごんはは
comment:4   trackback:0
[にゃんこ
初物
息子のレポートに関し、たくさんのコメント、ブログやフェイスブック、
ツイッター等でのご紹介、リンク、本当にありがとうございます。

URLを残してくださった方のところへは、こちらからも訪問させていただきました。
リンクを貼ってくださったブログとは相互リンクを、記事の中でご紹介くださった
ブログへはコメント欄に一言残させていただいてます。ただ、一部コメント欄がうまく
作動しなかったり、会員限定のところへは訪問のみで失礼させていただきました。
ご了承くださいませ。


さて、我が家は関東ですが、梨栽培が盛んな地域にあります。
毎年、近所で採れる大きな大きな梨を、家族で楽しみにしています。

今年の初物です↓

DSCF7832.jpg

農家の即売所で買いました♪
ナイフを入れると、水分がポタポタと流れ落ちて、その甘さと爽やかさ!秋の到来です。


巨大サイズの梨を2つむいて、テーブルに運んでいくと・・・・・


DSCF7820.jpg


DSCF7821.jpg
そうだよね、これは翼の毎日のお仕事。
ちょっと目を離すと、おねーたんはすぐにお絵描き始めますからね(--;


DSCF7817.jpg
「梨」だよ~。去年も食べたの、覚えてる?


DSCF7827.jpg


DSCF7822.jpg


DSCF7828.jpg
つーちゃんは、何食べたっておいしいって言うじゃん(--;
それより、母さん、後ろにいる黒い影が気になるわ・・・・・


DSCF7813.jpg
最近、家族のガードが固くなったので、なかなか扉破りに成功せず、
わかめ祭りの開催ができずにいるまおちゃんでした。
Posted by ごんはは
comment:8   trackback:0
[にゃんこ
動物愛護管理法改正へのパブリックコメント
**8/15追記**
パブリックコメントの提出期限を間近に控え、動物に関するさまざまな立場の方
たちが、それぞれの見解でコメントひな型をアップされています。パブコメって?
書き方が難しそうだし・・・提出がめんどくさいんじゃ?・・・などと思われる方は
これらのひな型をコピーペーストし(もちろんご自分が賛同できる意見であること
が大前提です) 意見提出者氏名、住所、連絡先を明記の上、メールやFAXで
提出することも可能ですので、どうか1人でも多くの方に、法改正に関わっていた
だけたらと思っています。

「純情仔猫物語」では、KAZUさんが遺された下書きを、周囲の理解ある方たちが
加筆・修正するという形で、正式版を完成しアップされました。生き物に優しい国へ、
KAZUさんが自らの命を削り、願い続けたその思いが、充分盛り込まれた内容に
なっています。前回下書きは、応募要項に即していない個所もあったようなので、
これから書かれる方は、ぜひこちらも参考になさってください。

「パブリックコメント 純情仔猫物語ver.」

**追記ここまで**



2012年の動物愛護管理法の改正にあたり、環境省が国民からの意見を求めて
います。(パブリックコメント)わたし自身、正直、法律とか難しくてよくわからないし、
第一、自分が声をあげたからって何か変わる?という、後ろ向きでずるい気持ちも
あり(反省)、今まで深く関わろうとしてきませんでした。

先日、うちのまお&翼を保護・譲渡してくださった KAZUさん が、急性白血病で
緊急入院されました。長年にわたり、犬や猫の保護活動だけではなく、日本における
ペット産業の現状や、動物愛護法のあり方に、心を痛め、小さな声をあげ続けて
こられた方です。自分の体調は二の次、三の次に、犬猫や周りの人たちのために
奔走し、倒れるその日まで保護活動を続けていたKAZUさん。時期が来たら提出
しようと、パブリックコメントの下書きを書きためておられました。それを読んだ瞬間
自分の中で、何かが動き出した気がしています。

KAZUさんの下書きには、無茶な要求や、常識的に考えて難しいのでは?と思う
ような記述は、ひとつも見当たりません。むしろ「え・・・今まで規制がなかったの!?」
と驚いてしまうような、シンプルで基本的な要求ばかりです。

たとえば、

◆生後8週以下の子犬・子猫を母親から離してはいけない

◆インターネット販売やオークション販売の禁止

◆動物取扱業の登録、年齢制限などの法整備

◆遺伝病を作り出す繁殖の禁止


どれも、正当かつ理にかなった要求であるにもかかわらず、今まで野放しにされて
きた項目です。


街のペットショップで、普通に見かける生後1~2ヶ月のヨチヨチ歩きの子犬や猫。
「キャ~かわいい!」と釘づけになった経験、多くの方にあるのではないでしょうか。
でも、早い時期に母親と引き離すことが、犬猫の健康や情緒面、躾の面でもマイナス
でしかない、ということを知って以来、わたしは赤ちゃん犬猫を売り物にするペット
ショップに対し、怒りしか感じなくなりました。「かわい~」以前に、その子の週齢や
ケージ環境が気になってしまいます。しかし現実問題、今の日本では、悲しいことに
「小さければ小さいほど可愛い=売れる」、という図式が成り立ってしまうのです。
それで、どういうことが起こったのかというと・・・・・

前回5年前の改正時、「8週齢規制」がほぼ確実視されていたにもかかわらず、
パブリックコメントの蓋を開けてみれば、反対9,500 賛成200・・・というあり得ない
結果で廃案に持ち込まれてしまいました。言うまでもなく反対票は、業界の組織票。

これはほんの氷山の一角で・・・
ペットを取りまく環境は、日々刻々と変わって行くのに、それを管理する法律は、
時代に取り残されたままです。命よりお金、儲けが優先される事態がまかり通って
います。せめて、他の先進国並みに、動物を尊厳を持った存在、個性ある命として
扱ってほしいと、切に願います。

わたしは、全てをお伝えする知識も文章力も持ち合わせていませんので、参考になり
そうなリンクを貼っておきます。いろいろなHPに草案や枠組みが掲載されています。
完全に賛同されるのであれば、コピペでも構わないそうです。わたしも、コピペ+
自分の意見を少し盛り込む形で、締め切りの8月27日までに提出したいと思います。

日々の生活の中で、小さき命を愛する心をお持ちの皆さん、ぜひご一読いただいて、
1つでも多くのご意見を環境省に提出してください。


2011080515490000.jpg
劣悪ブリーダーのところで誕生~幼少期を過ごし、死にかけたところをレスキュー
されました。仲間には無茶な繁殖の結果、病気や奇形、遺伝病を抱える子も多く、
この子の親や兄弟たちのその後はわかっていません(ブリーダーが自主廃業後
再譲渡、これらを規制する法律は、今のところないのが現状です)


◆環境省◆
 「動物取扱業の適正化に対する意見の募集(パブリックコメント)について」


◆純情仔猫物語◆
 「KAZUさんのパブリックコメント下書き」


◆浦和キャッツ◆
 「動愛法改正パブリックコメント募集の開始」


 「パブコメ募集要項」

◆二子玉川犬猫里親会◆
 「パブリックコメント参加へのお願い。拡散希望。追加意見あり。」


◆ジュルのしっぽ◆
 「パブリックコメント募集中」

Posted by ごんはは
comment:8   trackback:0
[にゃんこ
翼の成長
2011081711100000.jpg

我が家の「永遠の末っ子」翼。

家の中ではやんちゃでやりたい放題、幼い頃に極度の飢えを経験
したせいで、いつまでもいつまでも、お腹を壊してまで食べ続けて
しまう、悲しい習性を引きずって2年。

このお盆明けぐらいから、急成長したつーちゃん。

なんとなんと「置き餌」ができるようになったんですよ!!!!!

以前は、お皿に入ってる分はガツガツと一気に平らげ、まおのお皿
にも突撃していましたが、なぜか突然、自分のお皿を認識するように。
まおのが山盛り、自分のが空だと、一瞬あれっ?という顔をして、
わたしのところへ走ってきてスリスリ。カリカリを足してあげると、
また嬉しそうにスリスリしてから、ゆっくり落ち着いて食べ始めます。

つーちゃん(;;)

こんな日がくるなんて。
きっとね、守られてるね。


*動愛法改正へのパブリックコメント、本日締め切り(必着)、ラストチャンスです!!
 メールかファックスならまだ間に合います。提出を延ばしたり躊躇されている方、
 コピーペーストでも構いません。よろしくお願い致します。「生き物に優しい社会へ」*
Posted by ごんはは
comment:2   trackback:0
[にゃんこ
娘のパブコメ
KAZUさん訃報から2日が経ち、我が家のお盆休みも終了・・・・・
今日から、息子は部活へ、娘はピアノとミュージカルの練習再開です。
相変わらず家の空気は沈んだままですが、外へ出て、少し気分転換して
くれたらと思っています。

昨日は、わたしがPCの前でパブコメの案を練っていましたら、娘が見ていて
「わたしも書きたい」と。猫が大好きで、大きくなったらKAZUさんみたいに
猫を助ける人になるんだといつも言っている娘。彼女にとってKAZUさんは、
憧れの人でした。今まで、たくさんのことを教え、伝えてもらってきたよね。

大人が書いたコメントをコピーペーストし、娘の名前で出すのは簡単ですが、
それでは本当に「理解して」書いたことにはなりません。資料に出てくる
文言はとても難解なので、ひとつひとつ解説しながら、一緒に考え、娘が
文にしていきました。

10歳の娘の意見(抜粋)です↓


(1)深夜の生体展示規制(P.1)について

  (意見)生体販売規制に賛成

  (理由)・外国では、ペットショップに動物は売っていないと聞きました。
       夜になっても電気をつけて動物を売るのは、動物にとってストレス
       になるし、とてもかわいそうです。あと、動物をかわいいと言って
       さわってしまうのも、よくないと思います。



(2)移動販売(P.2)

  (意見)禁止に賛成

  (理由)・うちの猫は、病院に行く時ちょっと車にのせただけでもあばれたり、
       鳴いたりします。 なので、動物を飛行機や船などにのせて売ることは、
       動物にふたんだと思います。



(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化(P.2)

  (意見)インターネットでの犬猫の販売を禁止し、対面販売・対面説明・現物確認の
      義務化の徹底は当然である。

  (理由)・売る人は、ちゃんと飼い主さんの顔を見て、いい人かどうかかくにん
       してから売らないと、かんたんに殺したり、すてたりする人がいるかも
       しれないからです。あと、写真では、その犬や猫の本当のすがたが
       わからないので、ちゃんと見てから飼った方がいいです。



(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢(P.3)

  (意見)生後8週齢迄、母親・兄弟から離してはならないと法で規制すべきである。

  (理由)・犬や猫は、生後2ヶ月頃までは、お母さんといっしょにいて、ルールとか、
       狩りのしかたなどを学びます。それに、まだ赤ちゃんなので、お母さんから
       離れるのはかわいそうです。ペットショップに、まだ1ヶ月とかの小さい
       子猫がいるのを見ました。みんなは、ちっちゃくてかわいいと言っていたけど、
       私は、かわいそうだと思いました。



(6)犬猫の繁殖制限措置(P.4)

  (意見)年に1度、1胎のお産まで、5歳以上の犬猫を交配してはならないと、
      法で繁殖制限すべきである。

  (理由)・うちの猫は、悪いブリーダーのところにいました。そこは、ちゃんと
       動物の世話もしないで、えさも水もあげないひどいところだったそうです。
       ほご団体の人が、弱っている子猫をくださいと言ったら、もう死にそうな
       猫だけ持って行っていいと言われました。その子はオスだからです。
       他にも弱っている猫はいましたが、メスの猫は子供をうませるからダメだと
       言われて、わたしてくれませんでした。メスの猫は、一生ケージの中から
       出られなくて、何回も子どもを産まされて、体が弱ってボロボロになって
       しまいます。最後はすてられます。こんなひどいブリーダーは許せません。

      ・そのブリーダーでは、スコティッシュをたくさん産ませていて、いろんな
       猫をてきとうにはんしょくさせたので、しょうがいのある猫が生まれて
       しまいました。ほねが変形していたり、病気にかかりやすかったりして、
       大きくなれません。スコティッシュは病気が多い猫なのに、ブリーダーの人は、
       そのことをぜんぜん知らなかったそうです。そんな人にブリーダーをする
       けんりはないと思います。



(7)飼養施設の適正化(P.4)

  (意見)ケージ飼養、広さ、人員の規定を設けるべきである。

  (理由)・うちの猫がいたブリーダーでは、せまいケージに何びきも猫が入っていて
       ほったらかしにされていたそうです。大きい猫や小さい猫、病気の猫など
       ぜんぶいっしょでした。そして、ちゃんとそうじもされていなくて、
       トイレもなく、すごいにおいがしていたそうです。犬や猫にもちゃんと
       生きるけんりがあり、心があります。だから、かいてきな広い空間で
       飼ってください。



(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)(P.8)

  (意見)許可制にすべきである。

  (理由)・だれでもはんしょくできて、だれでもブリーダーになれるのはおかしい
       と思います。ちゃんと動物のちしきがあって、愛情もある人になって
       ほしいです。お金もうけのために、犬や猫をてきとうにあつかう人は、
       国がばつをあたえてください。




このような形で、本当に一意見として受け付けてもらえるのかどうかわかりませんが、
動物を愛する1人の小学生の、等身大の意見です。まおと翼を迎えて約2年、娘は
いろいろな現実を知り、心を痛め、何かをしたいと思うようになりました。

KAZUさんありがとう。Sは思いを引き継ぐよ。
Posted by ごんはは
comment:14   trackback:0
[にゃんこ
KAZUさん急逝
DSCF7346.jpg


純情仔猫物語」の KAZUさんが、急逝されました。

我が家の2にゃんをはじめ、たくさんの小さな命を救い、理不尽な世の中と
文字通り、「闘い」続けてきた方です。個人的に接したKAZUさんは、
明るくよくしゃべり、冗談が大好きで、愛にあふれる素敵な方でした。

急性白血病で入院し、わずか1週間あまりの闘病生活で、あっというまに
旅立ってしまわれました。どうしても受け入れることができません。だって、
つい先日も、メールをいただいたばかりだったんです。翼くんは少し毛が
長めだから、この夏は暑いかもね、大変だけど乗り切りましょうねって。

わたしは呆然と、ブログの記事を読み返すばかりで、涙も出てきません。
娘は昨日から泣き続け、息子はふさぎこんで何も手につかない状態です。

信じられません。信じたくないです。
Posted by ごんはは
comment:8   trackback:0
[にゃんこ
キャンプだホイ♪
2011072322330000.jpg

キャンプだホイ♪キャンプだホイ♪キャンプだホイホイホイ♪


寝袋(笑)↓

2011071608230000.jpg


楽しそうに見えますが、実はまおちゃん、翼に追いかけられてストレスが(--;
「永遠の赤ちゃん」翼、ただただ遊びたい一心でまおに飛びかかり、噛みつき、
怒られてもまったく意に介さず、日々同じことを繰り返します。あまりにしつこい
ので、リビングから強制退去処分になることも。

2011071920380000.jpg

はいそうです(爆)

つーちゃん、はしゃぐのはいいけど、まおちゃんに嫌がられたらやめようね。
もう2歳、猫としては立派な大人なんだからね!

Posted by ごんはは
comment:2   trackback:0
[にゃんこ
翼 2歳
DSCF6825.jpg

2009年10月に、保護ボランティアさんの手を経て我が家にやってきた翼。
当時、推定生後3ヶ月ということだったので、7月6日を誕生日と決めました。


うちに来たばかりの頃の翼↓

DSCF2194.jpg

悪質なブリーダーのところで生まれ、信じられないくらいひどい衛生状態の中、
他の猫たちと1つのケージにギューギューに詰め込まれ、餌も水も満足に
もらえずに衰弱していた子猫。ボランティアさんがその日たまたま見つけて
くれなければ、消えていたかもしれない命です。

母猫に甘えたり、兄弟で遊んだりという経験も満足にしてこなかった翼は、
子猫らしさのない冷めた目をした子でした。無表情、無気力。人間なんて
信用しないぞ、というよりも、人間の存在すら目に入っていないような、
完全に心を閉ざしているような、そんな子猫。

翼が反応するのは、食べ物を目にしたときだけ。おっとりした普段の行動が嘘の
ように、必死で夢中で食べ続け、どんなに食べても満足することはありませんでした。

DSCF2322.jpg

ひどい下痢を繰り返し、鼻や手足は真菌で皮がむけ、耳ダニもいっぱい。
人間はひどいね、ごめんねと謝り続けて病院通い。いつになったら安心して
頼ってくれるんだろう、ここは安全だとわかってくれるんだろう。1年目は正直、
翼を可愛いなんて思う余裕は、あまりなかった気がします。とにかく必死だったなぁ。


今日の翼↓

DSCF6826.jpg

DSCF6829.jpg

笑顔です(^0^)猫って実は、表情豊かな動物なんだな~と最近実感しています。
ここのところ「天真爛漫」すぎて、やりたい放題の翼。やんちゃで、いろんなものに
興味を示し、まおにちょっかい出しては怒られ、勢い余ってテーブルから落ちたり、
それは生き生きと毎日を過ごしています。


おねーたんとも仲良し(^m^)↓

DSCF6822.jpg

このまま寝ちゃったりもするんですよ~。今の時期は暑いけど(^^;


つーちゃん、うちの子になってくれてありがとう。
この笑顔をずっと守っていきたいです。

DSCF6839.jpg

Posted by ごんはは
comment:10   trackback:0
[にゃんこ
暑さ対策
まだ梅雨も明けていないというのに、この猛暑。

ベランダの温度計が、36℃を記録しています。真夏の節電に備えて、夫がタワー式と
サーキュレーター、2種類の扇風機を買ってきました。元々の旧式の2台と合わせて、4台。
プラス、パソコンのUSB用の小さいもの。さらに、寝苦しい夜用の大きめの氷枕(柔らかいタイプ)
を家族の人数分。これで、当面はエアコンなしでもしのげるかな~と思っていますが、今、うちで
一番暑そうなのが、この方↓

2011062500110000.jpg

そりゃ暑いよね~。全身毛皮だもん。しかも、純日本種(雑種ともいう)まおに比べて
毛足が長くてふっさふさ。おまけに脂肪もたっぷり(これは飼い主の責任)。

毎日こうやって、家の中で涼しい場所を探して、脱力寝しております・・・・・
見ているとあんまりかわいそうで、午後の一番暑い時間帯だけ、1~2時間エアコンを
入れることも。そうすると、まさに吹き出し口の真下!に寝そべって、長めの白い毛を
風になびかせている翼。ちゃ~んと、涼しいってわかってるんだね(^^;

今からこんなで、暑い暑い7、8月が乗り切れるのか!?
それでもまだ、家族の誰かが家にいる時は調整が効くのでいいですが、外出する時は
お留守番の2にゃんが心配です(><) いっそのこと、丸刈りにでもしてしまいたいくらい。


2011062500100000.jpg
Posted by ごんはは
comment:4   trackback:0
[にゃんこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。